維新政治塾第1回講義 「統治機構の作り直し」 堺屋太一氏

 

 3月24日、開講式終了後、堺屋太一氏による講演を前列2列目で聴くことができた。兼ねてから、堺屋氏の書籍は多数読んでおり、私にとって本人の講演を聴けたのは夢のような時間だった。内容は議事録を見てもらうとして、明治維新以来のこの国のかたちを真剣に考える段階に来ている。当時の若者のエネルギーに負けることなく、現世で改革を目指す社会人が2000人もいれば、社会が変わるきっかけづくりはできるのはと期待してしまう。しかし、東日本大震災後1年経っても、世の中のシステムや暮らしは何も変わっていないこともあり、決して安直な道ではない。

 私自身は、歴史の変革の一員となれるのであれば、全身全霊で取り組みたいと考えている。後5日で36歳の年男を迎えようとしている。はれプロの個人活動も、維新政治塾の世直しも、今年こそ正念場で勝負の年になる。気張っていきまっせ!!

3.24堺屋太一氏講演.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 302.7 KB

初めて訪問された方へ

はれプロ」と「ブログ」をご覧ください。

 

個人的に興味を持たれた方は、Facebookをご覧ください。