第19回正法寺夕陽を観る会

毎月恒例の正法寺夕陽を観る会。いつもは人のお話しを聞いているのだが、今回は私が話題提供することになった。

テーマは「祈りと農」。ちょうど昨年、広報を担当しておりちょうど良い題材があったので、それを元にレジュメを作成。

 

この日の降水確率は80%。しかし、晴佐久の名にかけて雨を降らせるわけにはいかない。前日からかなり気をもんでいたが、当日夕方には雨も上がり、なんと太陽も顔を出してくれた。これだけで、ほぼ役目は果たせた格好。講座の方もなんとか30分お話しして、言いたいことは伝えられたと思う。でも、もっともっと人の心に1フレーズでも残るようなお話しができるようにならねば、日々精進。

 

参考までに元ネタは、近畿農政局ホームページ:パンフレット「湖北の祈りと農」

祈りと農
「祈りと農』レジュメ.docx
Microsoftワード文書 29.2 KB

初めて訪問された方へ

はれプロ」と「ブログ」をご覧ください。

 

個人的に興味を持たれた方は、Facebookをご覧ください。