酒房わかば創業50周年を祝う会

 京都に越して来てから通い続けている居酒屋わかばが創業50周年を迎え、祝賀会に招待いただき参加してきた。

 料理人の五十嵐さんは元々リーガロイヤルホテル京都のたん熊で働いており、祝賀会もそこで行われた。居酒屋の祝賀会というより、政治家のパーティのような盛大なもの。参加者は250人以上、余興もあり、舞妓もおり、各方面の大御所も数多く参加しており、わかばを愛する常連の想いが伝わる素晴らしい会であった。

 居酒屋というとお酒を飲んでストレス発散が目的なのであろうが、私がわかばに足しげく1人で通う理由はもう1つある。それは、居酒屋は地域の集まりの場であるからだ。地域づくりに関わっているとよく言われる場づくりの重要性。何も、新しく場をつくる必要などなく、既にある場を違う観点で活用すればいいと考えている。無理やりつくった場には似通った人しか参加しえないのに比べ、わかばの常連さんは多種多様で、私の活動を話したときの反応が予測不能でとても面白く参考になる。

 これからも、わかばを貴重な出会いの場として活用させていただこうと思う。次回、100周年にもぜひ参加したい。

コメントをお書きください

コメント: 2

初めて訪問された方へ

はれプロ」と「ブログ」をご覧ください。

 

個人的に興味を持たれた方は、Facebookをご覧ください。