維新政治塾第4回講義

 5月12日、「日本の社会保障をどう改革するか」をテーマに、鈴木亘学習院大学教授による講義を受けた。

社会保障制度改革ということでテーマも幅広いため、全般について理解できたとは到底言えない。この日は、特に年金制度と生活保護制度について具体的な説明があり、この部分については大変参考となった。

 社会制度については、「公平」であることが大前提であり、そして制度はできるだけ単純なものにして、ランニング・コストを削減することも必要と考える。

 今回の議事メモは正確である自信がないけれど、ニュアンスは伝わるかと思います。次回で、最終講義。一体、どんな人が選ばれて残るのだろう。そして自分は残ることができるのだろうか、、、。

5.12鈴木亘氏講演.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 288.5 KB

初めて訪問された方へ

はれプロ」と「ブログ」をご覧ください。

 

個人的に興味を持たれた方は、Facebookをご覧ください。